ビジネスと無線機

通信機

基本的に通信機と言えば、トランシーバーやアマチュア無線などの、無線機を思い出すかも知れません。

定義

通信機は、「電気通信、つまり、電気や電子を使った方法で、映像や声、文字を送ったりするための、機械」のことですので、基本的に、パソコンや携帯電話、ファックスも通信機に分類されると思います。しかし、このような通信機は、それぞれの個体の名前、わかりやすく言うと、パソコンなら「パソコン」、携帯電話なら「携帯」と言うように、通信機として改めて呼ばれることは少ないので、通信機と聞くと、トランシーバーなどの無線機を思い出す人が多いようです。

また、無線機だけを通信機と勘違いする人もいるようですが、上の定義の様に、電気通信を行う物は通信機とされるので、一般の電話機などの様な有線のものでも、通信機として区別されるそうです。今回はトランシーバー、インカム、ビジネスフォンなどや電話加入権に関しても紹介していきましょう。

 

トランシーバー、インカム、ビジネスフォン

詳細は別のページで、それぞれはなしていきますが、とりあえず、どういったものかを説明して行こうと思います。

トランシーバーは、最近では携帯電話の普及のために、使われることが少なくなりましたが、携帯電話が使えないような、登山や店内でのショップの店員への指示、または、無線タクシーなどでの使用を良く見かけます。他にも警備員同士などの限られた範囲(広場程度)なら、同じ無線機へ同時に指示が出すような場合に、使用されていることが、最近での、主な使用例のようです。

また、特定の省電力トランシーバーなら、維持費は電池代だけで、携帯電話のような基本料もなく、待機状態にしておけば、いつでも話すことができるので、普通に携帯電話を使うよりも便利になることが多いです。相手が近距離なら、携帯電話のような電波が届かない場所と言うのもないので、結構、便利かもしれません。

インカムは、マイクとヘッドフォンを一体化したもので、パソコンでの音声チャットやコールセンター、工事現場などで使われています。両手を使わないで、話したり、聞くことができるので、両手で作業するような、仕事をしている場合にとても重宝されているそうです。ワイヤレスなどもあり、ボタンを押すだけで、電話を取れるのもありますので、席を外して業務を行う場合でも、相手を待たせる事がなくなります。

最後に、ビジネスフォンですが、ビジネスフォンとは今までは、電話台数分の電話回線が必要でしたが、複数の回線をまとめることができるので、コスト削減を置こうなうことができたり、光電話やISDN回線、アナログ回線などの多くの回線をまとめることもできて今までバラバラだった、回線を統一することも可能です。また、構内放送代わりの、内線一世呼び出しや3者通話機能など、業務をすばやく、かつ、効率的にできるようないろいろなシステムを採用できるのです。

一般的に企業での利用が多いので、ビジネスフォントされています。

これらの予備知識を持っていることを前提で、解説して行こうと思います。

Valuable information

屋形船をお求め安い価格で貸切できます。お気軽にご相談ください。

屋形船 貸切

ディラッシュ通販ショップ

選ばれる大型免許教習所です!合宿プランがお得ですよ!

大型免許の合宿を行う

ご意見とご感想||サイトマップ