ビジネスと無線機

インカム

インカムとは、英語の様に感じるでしょうが、実は、日本語です。

インカムについて

インカムとは、「インターコミュニケーション(intercommunication)」を日本式の省略形式にしたものです。たまに、「インターコム」とも呼ばれています。

この、インターコミュニケーションとは、企業などのような、決まった区域内での通信連絡のことです。つまり、会社内で飲み使われる、通信方法の手段のことで、良く見かける例で言うと、ファミリーレストランなどである、ボタンを押したら店員が来ると言うシステム、あれもインカムが採用されています。たとえば、誰かが、あのボタンを押したとします。すると、番号表示機と言うものに電波が発信され、その後、店員にどこの(何番の)テーブルからの呼び出しが着たかを伝えるという仕組みになっているはずです。

会社内での使われ方は多少違ってくると思いますが、ハンズフリーで、即時性の高い通信が行われるので、業務を円滑、かつ、早く行えるので、相手を待たせる事がなくなります。それによって、業務内の効率を図っています。ちなみに、基本的に、会社の目的は、利益を上げることです。ただし、法律を違反しないことが大前提ですが。

基本的に、騒音の中でもクリアな音声が聞こえるので、TV番組やコンサートなど、人の声が聞き取りづらい所でも使用されています。ラリーなどのモータースポーツや、オートバイのツーリングの場面でもヘルメットに組み込んで使用されています。

ワイヤレスインターカムと無線機やトランシーバの違いは、屋内でスタッフの間で、いっせいに通話することを目的としている部分でしょうか?そのために、上記でもありましたが、通話の名領土、同時通話数や、装着性や操作性などを重視して開発された物だといっていいでしょう。逆に、トランシーバーは主にアウトドアで通話することを目的とされていますので、電波の飛ばし方や、丈夫さ、防水性を重視した機器とされています。

特徴

特徴として、外部機器との接続や、音声の入出力を利用すれば、子機の中だけの使用にとどまる事無く、使用する状況に合わせて多彩なシステムの展開ができます。また、無線局免許や資格も不要ですので、設置した即日から利用できます。つまり、必要なときに購入すればいいということになります。そのため、ビジネスフォンなどの要に、少し時間が掛かることも少なく、業務に支障が出にくいのです。

盗聴や漏洩を防ぐこともできます。デジタル式の製品の場合は、通話相手の音声が他者に聞こえることは無いそうですので、内容を誰にも伝える事無く、会話できるそうです。また、盗聴や混信のために、情報が外部に出ることもないそうですので、安心して業務に使用できます。ただ、内容が聞こえないので、インカムが全然目立たない場合、1人事を行っているようで不気味に見えることもあるかも知れません。

冗談はさておき、使われる場所は、さまざまで、スーパーマーケットなどのショップや、先ほど行ったファミリーレストランなどの飲食店、学校の運動会などのようなイベント進行のため、観光案内など使用される場所はさまざまです。

ただし、これは、アナログのインカムは基本的に、特定小電力なのですが、デジタルの場合は、そうでない可能性がありますので注意してください。もし、デジタルで、特定小電力で無い場合は、使用するために、免許が必要になることもありますので、注意しましょう。

2017/9/15 更新

ご意見とご感想||サイトマップ