ビジネスと無線機

電話加入権

電話加入権とは、NTTの固定電話の回線を使用できる権利のことをいいます。

電話加入権を得る

NTTの電話加入権は、「施設設置負担金」を支払うことによって、権利を購入することができます。この施設設置負担金は、以前は、とても高価で、75,600円もしていたそうですが、しかし、電話加入者数の減少していく中で、2005年の3月に、一気に半額まで、下げられることになりました。月々の基本料が2高くなりますが、施設設置負担金が不要になるというライトプランの月額加算額も、以前は672円でしたが、今では262.5円までに引き下げられています。

他にも、軒並み引き下げられていて、中には33,600円ほどの金額がかかっていた物が0円に、つまり無料になったというのもあります。このことから、どれだけ電話加入者数の減少が著しいのかも、分かると思います。

電話加入権の譲渡

電話加入権はその売買を認められているので、その販売会社も存在しています。その販売会社から購入する場合は、NTTから直接購入するよりも安いので、利用している顧客も少なくはないそうです。売られていた電話番号を、買うのですから、いわゆる中古品となるのですが、わざわざNTTに頼んで新品にする必要はないと思います。基本的なデメリットは、たまに、前持ち主者の友人が間違えて掛けてくるとか、前持ち主のストーカーがいたら、そいつがかけて来る程度でしょう。

後の場合はともかくとして、前の場合にはそれだけですので、問題も特にないと思います。

もちろん需要があるのですから、供給もあります。電話加入権を購入後に、電話加入権を買い取ってもらうこともできます。結婚や同居などによって不要になった場合に、今の電話の加入権を買い取ってもらえばいいでしょう。将来的に電話加入権が無料となる可能性が高いので、売るとしたら、今の内とも言えると思います。会社によっては、金額は違ってくるでしょうが、少なくとも3,000円以上で買い取ってもらえると思います。

現状

最近では、ADSLとセットとして売っている所もあります。ADSLで接続する場合には、ADSL専用の回線か電話加入権が必要です。そのために、電話加入権を販売している会社は、ADSLとのセットで売っている場合が多いのです。そのほうが、高確率で購入してくれる場合が多いためでしょう。

このように、2006年5月30日、「加入料値下げにより加入権の資産価値が不当に下落した」という訴えが起こったように、資産ともなると言われていた、電話加入権ですが、今では、その値段もどんどん下落していっています。理由としては、携帯電話の普及によって、固定電話の必要度が落ちたためでしょう。携帯電話は、持ち運べる上に、webサイトにつなげもし、更に、固定電話ではできないあらゆる機能がついているためでしょう。

また、電話加入不要の新しいサービスの提供やIP電話などの登場によって、電話加入権を必要とする人の数は、どんどん減っていっているのが現状です。

2014/9/25 更新

ご意見とご感想||サイトマップ