ビジネスと無線機

トランシーバー2

トランシーバーを選ぶ際には、使う距離などを考えた選択方法が一般的です。

トランシーバーを選ぶ

トランシーバーの選び方は、前ページでも話していますが、基本的に、前ページは特定小電力のものでした。つまり、近距離では充分使えるのですが、距離が長いと意味を成さない可能性が高いものです。中距離と言われる5kmまでの使用はできません。そこで、ここでは、トランシーバーの種類と、簡単な特徴を紹介していきましょう。

種類と特徴

中距離の場合は大きなイベントを行う場合や、階層が多いようなビルでその真価を発揮させます。特定小電力の100倍を超える出力を発揮させるようなので、もちろん、免許が必要になりますが、その分の価値はあるはずです。新簡易無線、簡易無線、ウォータープルーフタイプなどがあります。

新簡易無線の場合は、簡易無線には劣るものの、特定小電力の100倍ほどの出力で、特定小電力トランシーバーではカバーできない範囲で会話ができます。簡易無線の場合は、更に広域になり、新簡易無線は約3kmで、簡易無線の場合は約5kmと言われています。ウォータプルーフタイプは(防水機種)で、屋外イベントなどでの雨や、雨天時の警備の仕事でも問題なく使用できます。

パトカーやタクシーなどで使われるタイプは、広域タイプと呼ばれています。距離は、半径30kmから、優れたものは全国までとも言われています。パトカーなどを見ても分かるように、緊急の問題が発生した場合や事故による人命救助など、できるだけ早く、現場に向かって欲しいときに、近くを巡回中のパトカーに指示を出すために使用されています。

今では道路交通法が改正されて、自動車や原動機付自転車(原付)などの運転中に、携帯電話を使用すると、5万円以下の罰金が科せられるのを知っていると思います。ばれなきゃ問題ないという方は、事故を起こしてから、後悔するタイプでしょう。それはともかく、パトカーのような車載型の広域無線機は、この既成の対象外となっています。つまり、使い放題と言うわけです。まぁ、必要ないのに使うような人はいないでしょう。

デジタル無線

デジタル無線は、今までは、届く距離まで出しか使えなかったという問題点をなくしました。特定小電力トランシーバーでもIPネットワークを利用することで、無線の通りにくい場所や信じられないほどの広域を可能にしています。

利用方法は、デジタル無線機とれピーターと呼ばれる中継器を使用するだけです。もちろん免許や資格なしでも使え、通話エリアを自由に拡大することができるようになります。そのため、東京の本社から、違う県の支社へも可能になります。基本的な業務用無線機はこのタイプを採用していると思います。これによって、今までは中距離でも、免許が必要でしたが、特定小電力でも問題が無くなりました。

上記のように、中距離を使う場合は個人の間となるでしょう。そのため、ツーリングなどに使われると思われます。基本的な業務用に使われる無線機は、デジタル無線で間違いないと考えてもらっていいはずです。

トランシーバー1「トランシーバーについて」へ

注目サイト

東京のプログラミングスクール

最終更新日:2017/8/17

ご意見とご感想||サイトマップ